« モスバーガーの電話予約 | トップページ | 時効と逮捕 »

2005年2月18日

百均ショップでまとめ買い

さほど質にこだわらない文具、雑貨などは、最近もっぱら百円均一ショップを利用する。先ほども行ってきたばかりだ。ここ数年の百均ショップ、中身の充実度には驚く。“これが百円!?”と驚くこともある。それどころか、センスのある店構えと思っていたところが、実は百均ショップだったこともあった。

しかし、店側にすれば、“これが百円!、安い!”という、客のサプライズがあればあるほど、思うツボなのだろう。安いという先入観をもってしまうと、あれもこれもと必要のないものや、スーパーでも同じぐらいの価格の商品とか、スーパーでもっと安く販売されているものまで、つい手を出してしまう。百円という価格がそうさせるのだ。極端な例をいえば、商品Aは仕入れ値が20円、商品Bは仕入れ値が80円だとする。店側とすれば、Aが売れた方が儲かる。しかし、一般には、Bの方が客側からすれば人気はあるはずで、Bを目玉商品として、宣伝し、ついでにAも買ってもらう。これが基本的な戦略だろう。たとえば、この商品Aが356円なら、他の店と比べて、“あっちの店の方が安かったから、ヤメとこ”と、思いとどまりやすいが、100円ならつい手を出してしまう。自分の経験でいえば、“この傘が100円か、安い”と思い、購入していざ使ってみると、かなり小さかったことがある(百均の商品がパチもんということではない。これまでの基準から,100円という価格はかなり安いと感じる商品には、それなりの理由があるということだ)。

ここでふと思うのだが、客を呼び寄せるために、仕入れ値が100円を超えるような商品も置くのだろうか?あるとしても僅かだろうが、百均ショップ関連の方がご覧になっていれば、教えてください。

このようなことを考えるのは、百均ショップがいわば経済の原点(というか、貨幣流通を学びやすい?)だからかもしれない。価格が同じだから、一般には複雑でわかりづらいことにも考えが及ぶのだ。百円均一なのだから当然だが、店の中では、商品AもBもCも同じ価値(価格)なのである。女性の下着やネクタイも置いてあるが、それらと封筒セットが同じ価値なんだと、実感する(いや、女性の下着は買わへんけどね、念のため)。

あと、百均ショップでは、レジで精算が混み合っているように見えても、意外に時間がかからない。価格が同じだから、店員がさばくのが早いのだ。商品の個数に消費税を加算すればいいだけ。性能の高いレジスターは必要ない。こんなことでもコストを削減できるのが、人気のある商品を仕入れることのできる要因になっているのかもしれない。

|

« モスバーガーの電話予約 | トップページ | 時効と逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百均ショップでまとめ買い:

« モスバーガーの電話予約 | トップページ | 時効と逮捕 »