« 2歳 | トップページ | エイプリルフール »

2005年3月30日

愛のない?地球博

地球博に関するニュースを連日、見たり聞いたりする。35年前、千里で開催された万博の時は小学生だった。24日付け「本籍を移す」でも述べたように、当時は奈良に住んでいて、計6回行った。日立館や三菱未来館、アメリカ館やソビエト館(当時はロシアではなかった)に、何時間も並んで入ったものだ。

友人の宗教人類学者、磯忠幸が、「1970年の万博を体験しているかどうかはメルクマールになる」といった旨のことを以前に述べていた。同感だ。実は、昨日の「先週の結果分析」収録時にも、35年前の万博話で盛り上がった。といっても、盛り上がったのは、関西エリアに住んでいて、万博を身近に感じていた人だけ。あの時代を知っているかどうかだけではなく、地域によっても温度差があることを知った。

ちなみに、今回の地球博へすでに行った人の話によると、持ち込みの制限が厳しいらしい。缶、ペットボトルは言うに及ばず、弁当も禁止とか。缶やペットボトルについて、セキュリティのためということはわからなくはない。しかし、弁当がどう危険なのかよくわからない。なお、場内で販売されていたエヴィアンは300円だったそうだ。ボッタクリもいいところだ。こんなことをしていれば、入場人員は関係者の予想を下回るだろう(リピーターが少なくなる)。日本だけでなく、他国から来た人の、日本に対する印象も心配だ。

ま、それでも子どもがもうちょっと大きければ、連れて行ってやりたいと思う。前述した35年前の万博については良き思い出となっているからだ。しかし、28日付け「2歳」で述べたように、5歳と2歳では、まだ小さすぎる。それに、毎週、名古屋を通って東京へ通っているだけに、収録以外で同方向へ行きたくないということもある。むしろ、夏場に、地球博の影響で、新幹線が混雑しないか、その方が気になるくらいだ。ということで、よほどのことがない限り、地球博には行かないだろう。

どうでもいいことが、先週の中京土曜11レースは、「愛・地球博開催記念」だった。記念と銘打っているわりに、1000万下のレース。せめてオープン特別くらいで施行してあげればよかったのに、と、愛のある私は思うのである。

|

« 2歳 | トップページ | エイプリルフール »

コメント

小学2年だった私も大阪万博、2泊3日のスケジュールで連れて行ってもらいましたよ。確かアメリカ館の天井、当時としては画期的なテントのドームだったんですよね。何時間並んで月の石、見たんだろう。とても懐かしいです。

投稿: miyoshi | 2005年3月31日 21:27

4月1日から手作りの弁当に限り、持ち込みを認めることに決めたようですね。しかし、コンビニ弁当は認めないとか。別に認めてあげてもいいじゃないですか。それなら、コンビニで買った弁当を、自分で折り箱に詰め直したら、わからんはず。それとも、細かくチェックするのだろうか。小学生の遠足みたいや。

投稿: 執筆者 | 2005年3月31日 17:16

弁当問題…。

全く同感です。
アレルギー体質で、外食は一切出来ない…という方もおられるはずです。要するに、そういう人は来るな、ということか。
あんまりだ、ひどすぎる…。

小泉首相も、『弁当くらいは…』と、コメント出していたようです。郵政民営化よりも、重要な案件かも知れません。

投稿: mzgch | 2005年3月31日 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛のない?地球博:

» ホンネとタテマエ [ENGLISH STYLE]
開幕して、まだ一週間目の今日、-愛・地球博-の『弁当の持ち込み制限』が緩和された... [続きを読む]

受信: 2005年4月 1日 17:05

« 2歳 | トップページ | エイプリルフール »