« 音声案内は商機 | トップページ | 病院が儲かるためには »

2005年3月 7日

読書は肉欲だ

3LDKのマンションで、本や競馬の資料が貯まってくると、その置き場に困る。競馬の資料は捨てられないが、保存の必要がないと判断した本は古本屋に買い取ってもらう。

最近は、店舗に持ち込まなくても、ネットで登録すると、伝票が郵送されて、宅急便として梱包しておくと、運送会社が取りに来てくれる。そして自分の口座にその代金が振り込まれるのだ。

50点以上でこのシステムを利用できるという、某大手古本屋に買い取ってもらった。具体名を言うほどでもないので、仮にイニシャルをBOとしよう(←言うてるやないか)。BOの店舗も近くにあることはあるのだが、持っていくのが面倒だし、そのなかに数冊、エッチ系の小説もあったので、ちょっとカッコ悪かったのである。ま、一応はテレビに出演している立場でもあるし・・。

計53冊で、振り込まれたのは2350円。文庫本も多かったし、期待はしていなかったが、それにしても安かったー。この金は焼き肉の一部にあてた。肉欲が肉欲に化けたともいえる。

|

« 音声案内は商機 | トップページ | 病院が儲かるためには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書は肉欲だ:

« 音声案内は商機 | トップページ | 病院が儲かるためには »