« お詫び | トップページ | タクシードライバー »

2005年4月12日

温度差(お詫び続編)

日曜朝、アットペイ(有料情報)にアクセスできなかったことについて、ニフティから返答が来た。(以下要約)。

「現在は正常にアットペイのページに移動できます。トラブル情報は、http://www.nifty.com/supinfo/trouble.htmを参照してください。また、ご連絡の時間帯に、該当する障害は確認されませんでした」

何とピントのずれた返答か!あきれる。上記の“現在”とは、メールの送られてきた時刻から察するに、月曜の午後だ。日曜の午前中に生じた問題が月曜午後でも解消されていないなら、大手プロバイダーとしては失格だろう。それを平然と返答する気持ちがわからない。トラブル情報のページは何度も確認している。そして該当する障害は確認されなかったとあるが、どのようにそれを調べたのか?こちらは東京在住の知人にも連絡して、アクセスできなかったことを確認している。つまり、自分のPC環境の問題でも、地域の問題でもなかったのだ。これは、こちらがウソつきだと言っているのも同じなのだ。

ちなみに、アットペイについては、ニフティが15パーセントを取っている。つまり、自分のサイトの場合、各開催日につき500円だが、そのうち、有料情報を購入される方は75円をニフティに払っていることになる。手数料を取っている以上、それだけの責任ある仕事をしてほしいものだ。

ただ、ここで今回の経緯を述べているのは愚痴を言っているのでも、責任を回避しているのでもない。3月4日付けの「音声案内は商機」を代表として、この日誌で時々テーマにする、売る側と購入する側、または利用機会を与える側とそれを使う側(つまりプロバイダーとユーザー)にはこれだけ立場の違い、温度差がある、ということを実感するのである。

自分もそうだが、状況によってどちらの立場にもなる。売る側の立場になると、購入する側の目線を忘れ、一購入者になると、売る側の勝手を実感する。車に乗っている時は歩行者の気まぐれさにヒヤッとし、歩行者の時は車の横暴ぶりに腹を立てるのと似ているかもしれない。

|

« お詫び | トップページ | タクシードライバー »

コメント

お二人のコメント参考になります。
今回のようなトラブルがあると、ニフティ以外の販売方法も考えないといけません。ただ、13日付けでも述べたように小規模経営なので、いつ頃に可能になるかは明記できない状況です。

投稿: 執筆者 | 2005年4月13日 14:20

いつも拝見させて頂いています。私事情によりクレジットカードが使えなくなり、speedfigureが利用できなくなります。他の方法でも販売して頂けませんでしょうか。どうかご検討をお願い致します。

投稿: ふぁん | 2005年4月13日 12:24

私はプロバイダがニフティですが、山本さんのようにサポートにメールを出すといつも
「ご連絡の時間帯に、該当する障害は確認されませんでした」
という回答しかもらえません。
7年ニフティを使っていますがいつもこの返事です。
そのことについてもメールしましたが返答なしです。
私は横浜に住んでいますが@payは「ただいま混雑・・・」と表示され利用できませんでした。
山本さん!こんなもんですよニフティって・・・

私はなんで7年も使っているのだろう・・・?

投稿: だからニフティって・・・ | 2005年4月12日 17:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温度差(お詫び続編):

« お詫び | トップページ | タクシードライバー »