« GWの儀式 | トップページ | ベクトルの強さ »

2005年5月 5日

ウイングスタジアム

昨日、久しぶりにサッカーの試合をナマで見た。神戸ウイングスタジアムでヴィッセル神戸対浦和レッズの試合を観戦したのである。

ヴィッセル神戸の熱烈なファンというわけではないが、地元のチームだし、一度見ておきたかった(不調だが)。また、神戸ウイングスタジアムには行ったことがなかったし、長女が、「サッカーを見たい」と言ったので、ちょうどいい機会と思い、1週間前にコンビニでチケットを買っておいた。ま、カズもそう長く現役ではないかもしれないので、元気にプレーしているうちに見ておこうとも思った次第。

さすがにGW中とあって満員。ルールをよくわかっていない長女(5歳)も結構楽しんでいた。野球だと早く帰りたがるのに、対照的だ。なんでかなと考えていたが、単純に、野球よりボールが大きく、また野球より“静”の時間が短く,退屈しないからだと思う。1対0という最少スコアでも、ファンでなくても、ボールを追っているだけで結構楽しめるのだろう。また、甲子園や大阪ドームより綺麗で過ごしやすい。そして帰り際、中年男性の係員が、「階段で転ばないように気をつけてね」と長女に声をかけてくれる。些細なことだが、気分よくスタジアムを去ることができる。単純と言われるかもしれないが、このようなことの積み重ねも、観客動員に結びつくのではないか?と思いつつ、ハーバーランドで買い物をし、夕食を済ませて帰宅すると、夜9時からNHKスペシャルでプロ野球改革を特集していた。そのなかでソフトバンクの孫オーナーも、「営業努力の積み重ね」を」強調していたが、そのとおりだろう。子どもに気を配ってもらっていると実感できれば、次も子連れ(家族)で来ようと思うものだ。自分は野球もサッカーも好きだが、また行きたいと思うのは、ウイングスタジアムの方だ(たとえヴィッセル神戸が負け続けても)。

|

« GWの儀式 | トップページ | ベクトルの強さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイングスタジアム:

« GWの儀式 | トップページ | ベクトルの強さ »