« 字幕のコロンボ | トップページ | 結局セルフ »

2005年5月19日

一人つっこみ

NHK-BS1で、MLB中継のあとに、アメリカ、中国など、それぞれの地域の放送局のニュースをよく放映している。現地キャスターの声にワンテンポ遅れて、同時通訳で日本語が流れる。その際、インタビュアーとそれに答える人の二人が登場しているとしても、日本語の通訳は一人ということがある。

キャスター「テロリストは核兵器を入手できるとお考えですか?」
解説者「そうはならないことを願っていますが、そうさせないためにあらゆる手段を講じるべきです」

といったようなやりとり。画面を見ていれば、話し手が替わったことがわかるが、日本語通訳を聞いていると、声が変わらないので、作文を聞いているような感じだ。

このように一人で同時通訳する人は、日常会話でも相手の答えを待たずに、勝手にボケて勝手につっこむ癖がついてしまうかもしれない。これも職業病だ。

|

« 字幕のコロンボ | トップページ | 結局セルフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人つっこみ:

« 字幕のコロンボ | トップページ | 結局セルフ »