« 台風7号 | トップページ | メジャーリーガー=ハムスター? »

2005年7月30日

青い鳥

7月22日付け「暑さ対策」で述べたように、ようやく仕事部屋にクーラーを設置した。ただ、思ったほどクーラーを稼働させてはいない。

ウインドエアコンを設置するために、窓の、それまで閉めきっていた向かって左側を開けた。そうすると、風通しがよくなった。そもそも、川や木々や海が近くにあるので、夏でも外へ出れば、いい風が吹いていた。それだけに、“何とかこの風をとりこみたい”と思ってはいたが、クーラーを設置したことで風をとりこめるようになった、という皮肉な結果である。仕事部屋のドアと窓の左側は対角線上にある。この“対角線の法則”は風通しをよくするための基本であることはよくわかっていたのに、どうして自分の部屋でやらなかったのか?

ま、クーラーをあまりつけない分、電気代は高くならないだろう。幸せの青い鳥は、実は近くにいた、というありがたいお話(ちょっと違うか?)。

|

« 台風7号 | トップページ | メジャーリーガー=ハムスター? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青い鳥:

« 台風7号 | トップページ | メジャーリーガー=ハムスター? »