« 食べ過ぎ注意 | トップページ | 台風をかいくぐり »

2005年9月 1日

夏祭りの金魚

昨年の8月、近くの公園で催された夏祭りで、子どもたちが金魚すくいに挑戦した。結局、捕ることはできなかったが、小さな金魚2匹を、(金魚すくい)担当の兄ちゃんがくれるという。

家へ持って帰りたいと喜ぶ娘。「えさをあげたり、水を換えたり、世話できるか?」と聞くと、「やる、やる」との返答(息子はまだ約束できる年齢ではない)。ペットを飼いたいと、子どもが頼んできた際に交わされる、お決まりの親子の会話だ。もちろん、子どもがずっと世話をするとはこちらも思っていない。結局、親の作業になるとは予想しつつ、“ま、飼ってもええか”と思った。金魚が大きくなればなったでいいし、不幸にも死んでしまえば、娘にとって、生き物の生死に向き合う経験ができる。こんな言い方をすると金魚には申し訳ないが、犬や猫を飼って死んでしまうと、家族の一員がいなくなったように感じる。しかし金魚だと、そこまでの喪失感はないだろうと、人間様の身勝手な発想であった。

家に持って帰った翌日に、近くのホームセンターで、水槽や、酸素がブクブクと出る装置(名称を知りません)を購入した。娘に命名権を与えると、ハナとハートと名付けた。餌の与え方を教えてもらい、水草も入れるべきと聞いた(人間でいえば、肉だけでなく、野菜も食べるべきということ)。

そして1年以上が経過し、すでに9月に入ったが、良い意味でこちらの予想に反し、2匹ともすくすく?と成長し、玄関の小さな水槽で元気に泳いでいる。さすがに水を換えることは娘にはできないが、毎朝、餌は与えているようだ。しかし、餌の食べ方が同じ金魚でもこれだけ違うとは知らなかった。ハナは餌を待ちかまえてすぐに食べる。ハートは食欲旺盛ではない。この差は体長に歴然と表れた。1年前は同じぐらいの大きさだったのに、今ではハナがハートの倍ほど大きい。

このところホームセンターで水草を買う際、熱帯魚も観察している。夜中に熱帯魚の泳ぐ姿を見るのは楽しそうだ。今回はなぜかポエティックになってしまった。

|

« 食べ過ぎ注意 | トップページ | 台風をかいくぐり »

コメント

なるほど。ホームセンターで見ているようにはいかないわけですね。それにしても、実感のこもったコメントでした。

投稿: 執筆者 | 2005年9月 5日 14:52

水草いっぱいの水槽で泳ぐ熱帯魚をぼーっと眺めて癒される、っていうのはなかなか現実には難しいですよ、私の経験上。と言うのも、見ていて癒されるような水槽に保つことが非常に大変だからです。苔の発生、水質変化、水温、底砂の汚れ、濾過器の目詰まり等、気にしなければいけないことはいっぱいあります。魚の世話に追われて癒されるどころじゃなくなる可能性も十分あります。
衝動買いには注意してください。

投稿: kioka | 2005年9月 3日 22:39

最近はイソギンチャクとか、ウーパールーパーとかも売ってるそうです。
見ていて飽きないでしょうねぇ。

投稿: mzgch | 2005年9月 2日 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏祭りの金魚:

« 食べ過ぎ注意 | トップページ | 台風をかいくぐり »