« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月27日

お口の恋人

ロッテが日本シリーズを勝った。中継は4戦とも見ていたが、ロッテのベンチが映ると、ガムを噛んでいる選手(スタッフ含む)が多かった。先入観をもって見るからだろうか?いや、やっぱり多かったと思う。親会社から、「ガムを噛め」と指示されているのだろうか。やはりロッテのガムなのだろう(キシリトール入りだろう)。それにしても商品のイメージアップには絶好の機会だった。緊張するシチュエーションでガムを噛む人が多くなるのでは。どうでもいいが。

もうひとつ、どうでもいいことだが、以前にも一度書いたように、ボビー・バレンタインはトミー・リー・ジョーンズに似ている。

さらにどうでもいいことだが、日本シリーズになると、惜しくもシリーズに出ることができなかったチームの主力選手が、テレビのゲスト解説に起用される。今年は複数の局で、中日の谷繁が出ていた。自分がその番組をつくる立場なら、他局で先に谷繁が出ることがわかれば、違う選手に依頼すると思う。いくらでも他に選手はいるのだ。あまりにも策がない。谷繁の解説が悪かったといっているのではないが。

谷繁という名前は、谷が姓で、繁が名前だと、当初は勘違いしていた。つまり、たにしげる。しかし、たにしげるといえば、吉本新喜劇の昔の芸人だ。「まーごきげんさん」というギャグは、関西で生まれ育った人には懐かしいはず。・・・。どうでもいいことだが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月25日

史上最強馬?

たとえば10年前の競走馬と今の競走馬を比べて、どちらが強いかと聞かれれば、やはり今の競走馬の方が強いと答える。育成や調教の技術は進み、血統も進化しているはず。10年前の方が強いと考えるとすれば、それは日本の競馬が退化していることになるし、日本のホースマンをバカにしていることになるだろう。もちろん、現役の競走馬のなかで、「5歳馬の方が4歳馬よりレベルが高い」といったように、短い期間でなら、あとの世代の方がレベルが低いということはあるだろうが、ある程度長い期間で考えるのなら、あとの世代の方がレベルが高くなっていて当然と思う。

ということで、ニュースでも盛んにとりあげられているディープインパクトは、これまでの3冠馬シンボリルドルフやナリタブライアンより強いことになる。ただし、それはルドルフやブライアンのように、3歳の時点で、上の世代を破ってからのことだ。同世代としか戦っていない段階で史上最強と形容されるのにはどうも抵抗を感じてしまう。もちろん、同世代だけの戦いにしても、無敗で3冠を達成するのは抜きん出て強いからだし、上の世代に勝てないと考えているわけでもない。むしろ、勝つ可能性の方が高いだろうし、自分自身、ジャパンカップや有馬記念に出走してくれば、中心視するだろう。

ただ、ディープインパクトをとりまく過熱ぶりには、ついていけない思いがある。競馬がとりあげられるのはいいことだし、久しぶりに現れたスターホースを歓迎してもいるが、今後、さらにディープインパクトやその関係者への取材がヒートアップして、その結果、彼らのペースが乱れたり、ディープインパクトが調子を崩したりすることがないよう、願いたい。

あと、単勝100円の元返しはいかがなものか。100円にしろ、110円にしろ、そんな単勝に賭ける気は毛頭ないが、この種の馬券に大金を投じる人達もいるようだ。彼らにとって10円の差は大きい。リスクを冒した結果が元返しなら、今後、賭ける気をなくすのではないか。彼らのような“ハイローラー”をお得意様にしておけば、JRAにとっても売り上げ増加につなかるのではないか(最低でも10円の配当をつけるような動きは今のところないようだが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日

秋の告知

来週(10月25日放送分)より、「先週の結果分析」を6週休みます。といっても、このホームページの有料情報、無料情報、そしてこのブログは、もちろん、通常どおり更新していきます。ここ1ヶ月ほど、ブログの更新回数は少なかったのですが、もうちょっと回数を多くするつもりではいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日

半年ぶり

夕食は久しぶりの焼き肉であった。いつ以来かと振り返ると、約半年ぶりだ。これぐらい焼き肉屋に行かなくても大丈夫になっていることが、年をとった証拠なのかもしれない。

よく通っていた焼き肉屋だが、塩タンの味がもうひとつであった。焼き肉屋へ行って何よりも重視するのは、最初にほおばった塩タンの味ではなかろうか?その味がレベルダウンしていると、感激も薄れてしまう。しかも、価格は高くなっていた。やはり米国産牛肉の問題が影響しているのか?お気に入りのサラダもメニューリストから消えていた。あー、うまい塩タンを食べたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月10日

ポイント5倍

再びバタバタして1週間ぶりになってしまいました。べつにGⅠシーズンだから忙しいというわけでもないんですが、仕事が詰まっていて、あと2週ほどブログの更新は少なくなるかもしれません。

ということで、普段でもたいしたイベントのない生活を送っているうえ、仕事に追われて一層とりあげることもない。時々買い物に行くくらい。ちなみに、最もよく利用する近くのコープではポイントカードも持っている。週末に買い物をすると、普段の5倍のポイントがつくことがある。

ま、これは嬉しいことは嬉しいが、普段のポイント加算がちょっとバカらしくなることもある。コツコツ貯めて一体どうするんや、という感じ。複勝で稼ぐより、3連単で一発勝負するようなものか?

それと同様に(どこが同様やねん)、パリーグのプレイオフもちょっとおかしい。ペナントの順位は一体なんやったんや?メジャーはそもそも球団数が多いから(他チームとの対戦数も均等ではない)、ワイルドカードもポストシーズンのシステムもわかるが・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月 3日

誕生会

ここ1週間ほど、バタバタして更新できませんでした。

その間に行事もあって、そのひとつが娘の幼稚園における誕生会。全クラスの園児が集まったなかで、その月に生まれた園児が祝福されるというもの。で、その月生まれの園児には保護者も同席する。ほとんどはお母さんだけが出席するのだが、金曜朝なら時間のやりくりができるし、年長組の彼女にとって、幼稚園では最後の誕生会なので、顔を出すことにした。運動会をはじめとして、週末に催される行事は、競馬開催と重なるので、あまり出席できない。日々の送迎は結構やっているが、セレモニーにはあまり参加しないので、新鮮であった。

保護者が園児に対して、我が子の紹介も兼ねて簡単なスピーチをする。これがむずかしい。というのも、まだ幼稚園児だから、こちらの言うことが理解できないケースも多い。我が子ならどの程度の理解度かわかるが、それもわからない。当然、じっと人の言うことを聞く年齢でもない。ウケ狙いも無理だ。先生や園長へのウケ狙いなら可能だが、それはやめた。

日頃から園児を相手にしている先生は大変である。と同時に、この一件から派生して思ったのは、雑踏などで不特定多数を相手に喋るタレントさんはやっぱりすごいということ。喋ることでギャラをいただく仕事もしているが、それはこちらの言うことに多少なりとも関心を持っている人たちが対象だ。それぞれの本職にはとても敵わないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »