« えべっさん | トップページ | 積もり積もれば »

2006年1月20日

遅くなったが

更新がまたもや遅れたが、タイトルはそのことばかりでもない。

昨日になってようやく、年末大掃除の際に出たゴミを始末した。通常の燃えるゴミでは引き取ってくれず、粗大ゴミとして必要な手続きをして出すか、直接処理場に持ち込むかのどちらか。処理場は比較的近い(西宮市の場合、ヨットハーバーの近く)ので、いつも直接持ち込むようにしている。今まで置いていたのは、年末はその処理場も混雑すると推察したからで、昨日になるとさすがに待つ必要はなかった。

どの処理場でも同じだろうが、中に入ると、まさにベルトコンベア・システムだ。受付の前で車ごと重量を計測される。そのあと、粗大ゴミを捨て、そのなかで燃えると判断された物(たとえばDVDに換えたことで不要になったテープ)は別の建物で通常のゴミとして捨て、再び受付で重量台に。捨てる前より車は軽くなっているので、その分がゴミの重さだったことになり、一定の基準を超えていれば、お金を払う。昨日は基準を超えておらず、タダで済んだ(セコいことを言うと、何回かに分ければ、それぞれは基準を超えず、結局、無料になるが、そんな面倒なことはしておられない)。

こうして2005年は一層過去へと忘れ去られていく。

|

« えべっさん | トップページ | 積もり積もれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遅くなったが:

« えべっさん | トップページ | 積もり積もれば »