« 家が建つ | トップページ | 新?千円札 »

2006年3月17日

卒園式

昨日は長女の卒園式(もちろん、幼稚園の卒園式であって、タカラヅカとかではない)だった。このようなイベントになると、何はともあれ、主役である子ども自身を祝ってあげようと思う。ただそれだけでなく、以前に、子どもたちの誕生日について触れた時にも述べたように、自分自身に、“ようやった”という気持ちになる。あまりイベント系に熱心ではない自分でもそう思うのだから、イベント好きの親御さんなら、一層そう思うのだろう。

自分は長男の子守をしつつの出席で、半分ほどしか見られなかったのだが、そのあと、娘はスピーチで泣いたそうだ。寂しい気持ちからだったそうだが、自分の幼稚園の頃を振り返って、そんな惜別の気持ちはまだ湧いてこなかったように記憶している。最近の子どもはやはりマセている。ま、幼稚園自体が、娘の世代が卒園した時点で廃園となることも、この世代の子どもや親の連帯感を一層強めたようだ。先生方もキメの細かい配慮をして頂ける方ばかりで、ホンマ、ええ幼稚園であった。

というようなことを考えつつ、昨夜、卒園のアルバムを見ていると、巻末に園児の生年月日が記されてあった。娘は1999年9月14日生まれ。言うまでもなく、日本では4月から翌年の3月生まれまでがひとつの学年になるので、2000年生まれの園児もいる。1999年生まれと2000年生まれ、大人になったら、結構印象が違うんやろな。

|

« 家が建つ | トップページ | 新?千円札 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒園式:

« 家が建つ | トップページ | 新?千円札 »