« 9文字制限 | トップページ | 南北問題 »

2006年6月 7日

盗作

といっても、世間を騒がせている何とか画伯のことではない。昨日の火曜日、収録のため東京へ向かい、新大阪-東京の往復で読んだ本(飯田譲治、梓河人の共著、講談社)のことだ。

年明けに刊行された本だが、何ともタイムリーな時期に読んだものである。主人公は盗作で非難される。さてそれをどう結末で“オトシマエ”をつけるのか、興味津々で読み進めた。何ともうまい落とし方で、この本は感情移入しつつ最後まで読みました(もちろん、中身は述べません)。

|

« 9文字制限 | トップページ | 南北問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9文字制限 | トップページ | 南北問題 »