« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月24日

カブトムシの産卵

そもそもの発端はマンションの廊下にカブトムシのメスが飛んできたことだった。子どもは飼いたいというし、どうも弱っているようだったので(どうやって弱いかどうか判断できるんや!と言われれば困るが、何となく)、ともかく面倒を見ることにした。このあたりの親子の会話は、2005年9月1日付け「夏祭りの金魚」で記したやりとりと似ていた。

自分が小学生だった頃は奈良に住んでいて、それもシカで有名な奈良公園の近く。夏休みの早朝には、奈良公園の森林にカブトムシやクワガタをよくとりに行った。ただ、小さい頃の男の子は残酷なもので、とったら満足、それで終わりで、虫カゴに入れるものの、ロクに世話もしない。当時の反省もあって、大切に保護してやろうと思った。

とはいえ、メスを一匹というのはどうもバランスがよくない。西宮周辺のカブトムシ、クワガタ事情を、このあたりで生まれ育った人に聞いてもよくわからない。で、近くの昆虫専門店に聞きに行くと、ここの店主がなかなかの通で(ま、昆虫専門店を経営しているくらいだからマニアであることは確か)、夏によく催されている昆虫展よりずっと様々な品種が置いてあった。そのマスターのアドバイスに従い、オスを購入。野生のオスを採るのはかわいそうだが、すでに採集されているわけだし、これら2匹を“つがい”にして子孫を残してやろう、子どもにも観察させようと、元気そうなオスを選んでもらった(今度は、店主がプロだから、元気かどうか判断してもらえる)。購入して帰宅。早速、同じカゴに入れた。それが2週間ほど前であった。話は長くなるので、以下、続編に。

| | コメント (4)

2006年8月18日

今度は冷蔵庫

まず告知です。夏の小倉開催終了時まで、「先週の結果分析」に私は出演しておりませんが(もちろん、番組は放映されています)、当サイトは更新されます。

酷暑でクーラー、冷蔵庫がフル稼働。そのためか、冷蔵庫の冷え方が悪くなってきた。10年以上使っているのだから、ま、ガタがくるのも仕方がないか。今年は、ウォシュレット、炊飯器、そして冷蔵庫と、電化製品購入ラッシュ。さすがにこの大物は、通販で購入するのはかえって手間がかかりそうで(元の冷蔵庫の処理とか)、先ほど、近くの量販店で購入した。とはいえ、炊飯器に続き、私のカテゴリーではない。冷蔵庫、掃除機、空気清浄機らのあるフロアは、パソコンやAV機器のあるフロアほどにじっくり見ないので知らなかったが、何と多機能になったことかと感心する。

このフロアにはマッサージ機も置かれていて、まるで我が家のように利用し、恍惚となっているおっさんがいる。なかなか大した神経だ。

| | コメント (0)

2006年8月10日

入場券

Dsc00362
この時期、甲子園といえばタイガースではなく、高校野球。格別、高校野球が好きというわけではないが、家から近いし、外野席は無料だし、夏を感じるために(これ以上暑さを体感しなくてもいい?)、一度は期間中に訪れようと思う。

ただ、阪神タイガースの主催ゲームとなると、「ブラッと行く」というノリではない。何しろ、今や球界の盟主となった阪神タイガースの試合だから、入場券を入手するのが大変。写真をご覧頂きたい。“死のロード”(←今や死のロードではないという説も聞く)に出る前、7月末の阪神対ヤクルトの試合が催された日の昼下がり、阪神電鉄の改札口に貼ってあったメッセージだ。

「本日のプロ野球の入場券は売り切れました」

昨今のタイガース人気を証明するように、阪神電鉄の改札口でよく見かけるのだが、何とも曖昧なメッセージ。特にこの「プロ野球」という単語。「それやったら、本日のプロ野球の試合は全部チケットが売り切れたんか!パリーグのチケットも売り切れたんか!」と思わず突っ込みたくなる。阪神電鉄の改札口なのだから、もちろん、甲子園球場のチケットであることは推察できる。また、上記のようなメッセージにしておけば、いついかなる日でもそのまま使用できるので便利なのだろう。とはいえ、「本日(○月○日)、阪神対ヤクルト戦の入場券は」ぐらい、付記する余裕は各駅のスタッフにあるはず(ちなみに、上記のメッセージのあとに、「甲子園球場」と場所が記されていたメッセージを貼っている駅もあって、ま、これなら納得できる)。

夏の高校野球が終わってタイガースが戻ってくると、また、思わず突っ込みたくなるメッセージが改札口に貼られるのだろう。ま、突っ込んでいるのは私だけかもしれないが。

| | コメント (1)

2006年8月 2日

ウォシュレットインデックス

数少ない好評企画、ウォシュレット編に関する問い合わせがあったので、このシリーズ関連の作品を以下に挙げておきます。引用、転載はご自由ですが、出典を明記ください(誰が引用するんや!)

1 「外出先のウォシュレット」 栄えある1回目。この時にはここまでの大河シリーズになるとは作者自身、予想だにしなかった。
2 愛媛遍路
3 携帯ウォシュレット
4 バイキング
5 エイリアン的
6 ノズルの新機能
番外 香りつき
7 新トイペ
8 新製品?
9 新ウォシュレット

なかなかの大作だ。どこかの出版社で本にできればいいが。

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »