« 今度は冷蔵庫 | トップページ | 秋の告知 »

2006年8月24日

カブトムシの産卵

そもそもの発端はマンションの廊下にカブトムシのメスが飛んできたことだった。子どもは飼いたいというし、どうも弱っているようだったので(どうやって弱いかどうか判断できるんや!と言われれば困るが、何となく)、ともかく面倒を見ることにした。このあたりの親子の会話は、2005年9月1日付け「夏祭りの金魚」で記したやりとりと似ていた。

自分が小学生だった頃は奈良に住んでいて、それもシカで有名な奈良公園の近く。夏休みの早朝には、奈良公園の森林にカブトムシやクワガタをよくとりに行った。ただ、小さい頃の男の子は残酷なもので、とったら満足、それで終わりで、虫カゴに入れるものの、ロクに世話もしない。当時の反省もあって、大切に保護してやろうと思った。

とはいえ、メスを一匹というのはどうもバランスがよくない。西宮周辺のカブトムシ、クワガタ事情を、このあたりで生まれ育った人に聞いてもよくわからない。で、近くの昆虫専門店に聞きに行くと、ここの店主がなかなかの通で(ま、昆虫専門店を経営しているくらいだからマニアであることは確か)、夏によく催されている昆虫展よりずっと様々な品種が置いてあった。そのマスターのアドバイスに従い、オスを購入。野生のオスを採るのはかわいそうだが、すでに採集されているわけだし、これら2匹を“つがい”にして子孫を残してやろう、子どもにも観察させようと、元気そうなオスを選んでもらった(今度は、店主がプロだから、元気かどうか判断してもらえる)。購入して帰宅。早速、同じカゴに入れた。それが2週間ほど前であった。話は長くなるので、以下、続編に。

|

« 今度は冷蔵庫 | トップページ | 秋の告知 »

コメント

山川様
ありがとうございます。4月6、11日付けの当ブログでも記したように、ベイヤーには4月に京都で会いました。ご夫婦とも元気そうでした。あと、↑(9月1日付け)で触れたように、自分のデータ表もリニューアルしましたので、何かの折に覗いて頂ければ嬉しい限りです(無料情報はもちろん無料ですので)。

投稿: 執筆者 | 2006年9月 1日 14:16

はじめましてこんばんは。
グリンチャンネルで初めて山本尊さんのお名前を拝見した時に、なにやら記憶があるような気がして、過去の馬券本を棚の奥からひっぱり出したものの見当たらず、勘違いだと思っていたのですが、今日、本棚の整理をしていた時に発見しました。ベイヤーの著書「勝ち馬を探せ」の訳をされていたのですね。
今、改めて読み直しているのですが、翻訳本とは思えないほど文章が読みやすく、活字がギュッと詰まった正統派の馬券本ですね。内容は読んだ記憶がないくらいに、すっかり忘れてしまっているのですが、自分が発明したと思っていた馬券戦略の多くが、この本に載っていて、かなり影響を受けた本だったのだなと、今更ながら気付いた次第です。
いろいろな仕事をかけもちされているようで、体力的にも大変でしょうが、これからもグリンチャンネルでの活躍を楽しみにしております。

投稿: 山川世界 | 2006年8月31日 22:49

まっちゃん様
ありがとうございます。カブトブシネタは続編をお楽しみに。なお、「結果分析」には次開催から再び出演の予定です。

投稿: 執筆者 | 2006年8月25日 19:31

 こんにちは。初めてカキコミします。まっちゃんです。

 カブトムシを飼って欲しいとうちの6歳の息子もよく言います。そして捕まえて飼っては見るものの、ろくに飼育もせず弱らせてしまい怒られてしまうというお決まりのパターンです。ほとぼりが冷めるとまた飼って欲しいという・・・ その繰り返しです。

 グリーンチャンネルの結果分析で小さいお子さんがいるとは存じていましたが、このカブトムシの話でとっても親近感が沸いてきました。お子さんを大切にされている感じがとっても伝わってきました。

 ちなみに、まっちゃんも奈良県奈良市に住んでいます(奈良公園の近くではなく薬師寺の近くですが)。結果分析は20世紀からずっと見ています。これからもどうかよろしくおねがいいたします。

投稿: まっちゃん | 2006年8月25日 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度は冷蔵庫 | トップページ | 秋の告知 »