« ウォシュレットインデックス | トップページ | 今度は冷蔵庫 »

2006年8月10日

入場券

Dsc00362
この時期、甲子園といえばタイガースではなく、高校野球。格別、高校野球が好きというわけではないが、家から近いし、外野席は無料だし、夏を感じるために(これ以上暑さを体感しなくてもいい?)、一度は期間中に訪れようと思う。

ただ、阪神タイガースの主催ゲームとなると、「ブラッと行く」というノリではない。何しろ、今や球界の盟主となった阪神タイガースの試合だから、入場券を入手するのが大変。写真をご覧頂きたい。“死のロード”(←今や死のロードではないという説も聞く)に出る前、7月末の阪神対ヤクルトの試合が催された日の昼下がり、阪神電鉄の改札口に貼ってあったメッセージだ。

「本日のプロ野球の入場券は売り切れました」

昨今のタイガース人気を証明するように、阪神電鉄の改札口でよく見かけるのだが、何とも曖昧なメッセージ。特にこの「プロ野球」という単語。「それやったら、本日のプロ野球の試合は全部チケットが売り切れたんか!パリーグのチケットも売り切れたんか!」と思わず突っ込みたくなる。阪神電鉄の改札口なのだから、もちろん、甲子園球場のチケットであることは推察できる。また、上記のようなメッセージにしておけば、いついかなる日でもそのまま使用できるので便利なのだろう。とはいえ、「本日(○月○日)、阪神対ヤクルト戦の入場券は」ぐらい、付記する余裕は各駅のスタッフにあるはず(ちなみに、上記のメッセージのあとに、「甲子園球場」と場所が記されていたメッセージを貼っている駅もあって、ま、これなら納得できる)。

夏の高校野球が終わってタイガースが戻ってくると、また、思わず突っ込みたくなるメッセージが改札口に貼られるのだろう。ま、突っ込んでいるのは私だけかもしれないが。

|

« ウォシュレットインデックス | トップページ | 今度は冷蔵庫 »

コメント

甲子園によく行く方の話によると、外野は満員だが内野の席はチラホラ空いているらしいです。チケットが売れれば満員との解釈でしょうか?気を付けないと東京の元球界の盟主になってしましますよ。

投稿: タカハシマナブ | 2006年8月14日 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォシュレットインデックス | トップページ | 今度は冷蔵庫 »