« カブトムシの産卵2 | トップページ | 上がりを追加しました »

2006年9月15日

防犯対策

先週の週明けに、阪神西宮駅近くの公園で2歳の女の子が重傷を負わされた事件が報道された。この種の事件が多くなっており、他人事などとはとても思えなくなっている。さらにこの事件のように、地元で起きると、一層、身に迫った問題だ。そして今週の週明けには、長女の通う小学校のすぐそばで、刃物を持った男がうろついており、学校は集団下校に。登下校時には警官もパトロールしていた。

真偽はわからないのだが、この刃物男はあごひげをはやしていたとか。ひげというのは目立つ特徴なので、自分のようにひげをはやしていると、その犯人に憤りを感じつつも、自分自身が小学生の父兄、お母さん方から、「この人と違うの?」と疑いをもたれる対象にもなってくる。回りに注意しつつ、こちらも他の人から不審を抱かれているということだ。

兵庫県の防犯ネットに登録していると、携帯に不審者情報が送られてくる。限定された地域でもこれほど多いのかと思うとぞっとするが、知らされないより、まず知ることが必要だ。身近でも事件を知らない人がまだ多い現状である。

|

« カブトムシの産卵2 | トップページ | 上がりを追加しました »

コメント

そういえば朝の通学時間、小学校の先生が、かなり遠くまで「出迎え」に来てました。そういう事情があったのね。
それに、子供を送る保護者のボクを見る目がちょっといつもと違っていました(笑)。(ヒゲ、生えてますンで…)

投稿: mzgch | 2006年9月17日 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カブトムシの産卵2 | トップページ | 上がりを追加しました »