« 志摩さんからの葉書 | トップページ | イタリアンのレゲエ »

2006年10月 9日

プレーオフ

パリーグのプレーオフ、第1ステージが行われている。そもそもこのプレーオフというシステム、MLBのように全部で30もの球団があるから、存在価値があるのだと思う。ワイルドカードで地区シリーズに出場したデトロイトタイガースがヤンキースを破るのも、それはそれで劇的だ。一方、日本の場合、両リーグとも6チームだけ、ペナントは総当たりで戦って順位を決めるのに、そのうえ、プレーオフというのはどうも納得できん。セリーグも追従するそうで、これもいかがなものか。

といいつつ、西武とソフトバンクという好カードは見たいのだが、関西エリアの地上波では第1ステージの中継がない。せめてNHKBSではやってほしい(第2ステージは中継されるようだが)。どの局にしろ、「プレーオフ楽しみですね」とか言いながら、知らんふりかと思うと、よけいに納得できん。と書いているうちに、ソフトバンクが勝ったようだ。熱烈なファンというわけではないが、このチームには知らず知らず感情移入してしまうので、ま、よかった(結局、プレーオフやった方がええんかと突っ込まれると困るが)。北海道と九州のチームが第2ステージで対戦するのもいいじゃないですか。

|

« 志摩さんからの葉書 | トップページ | イタリアンのレゲエ »

コメント

山本さんこんばんは。
今シーズンのように1・2・3位が写真判定になるぐらいの接戦であれば、盛り上がるのでいいのでしょうが、半年も闘ってきた結果をチャラにするっていう考え方自体が筋違いのような気がしますね。そんなことよりもアジアシリーズを充実させて、アジアとメジャーのチャンピオンが真のワールドチャンピオンを争う、というくらいのでっかいシナリオを描いて欲しいです。でも今のプロ野球機構はセコいことばっかり考えてそうなので、無理でしょうね。

投稿: 山川世界 | 2006年10月 9日 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志摩さんからの葉書 | トップページ | イタリアンのレゲエ »