« 阪神競馬場視察 | トップページ | 択捉島沖の地震 »

2006年11月15日

来年のJRA日程

2007年のJRA日程がJRAのホームページで発表されていた。番組編成、重賞の距離変更などについては、このあといろいろと意見が出てくるだろう。

それ以前に日程については、年明け最初の開催が7日間開催となった(通常は8日間開催)。必ずしも1月5日から開催が始まる必要がなく、むしろ、“なんで今まで5日に固定していたのか”と疑問に感じるほど。この、最初の開催日が1日ずれることを最も喜んでいるのは現場のトラックマンではないだろうか。自分も専門紙のトラックマンだった頃、5日からの開催に備え、正月3日からトレセンに行くのが憂鬱であったからだ(つまりはもうちょっとゆっくりしたかったという、怠慢な?理由です)。

この1日少なくなった分は10月8日、祝日の月曜日に開催される。連休を利用することで売り上げの面でもいいことだろう。ただ、ひとつ気になるのは10月上旬というその時季。まだ台風上陸の危険がある。現に2年前の4回東京1週目は台風の影響により、月曜に代替で開催された。3日間開催でさらに代替になると、影響は翌週に及ぶ。GIシーズンでもあり、その影響は大きい。

9月にも今年までと同じく、引き続き変則の3日間の開催が組まれている。このあたりも台風のシーズン。どうしてこの期間で3日間開催を組むのか。他にもその機会はあるだろうに、不思議でならない。

|

« 阪神競馬場視察 | トップページ | 択捉島沖の地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阪神競馬場視察 | トップページ | 択捉島沖の地震 »