« 来年のJRA日程 | トップページ | 一応の推定 »

2006年11月16日

択捉島沖の地震

昨夜8時30分過ぎ、NHKを見ていると急に番組が中断し、津波情報に変更された。これはもっともなこと。番組の隅にテロップで流れるとかではなく、もともとの番組が中断されているのだから、よほど大きい規模だったのだろうと、すぐに気象庁のホームページで、津波情報を見ると、そのような情報は出ていない。気象庁のホームページの津波情報というページで、太平洋とオホーツク海沿岸に津波警報という知らせが出たのは、結局、8時40分頃だった。

今は、何か事件や気象の異変が起きると、インターネットで確認しようとする人が多いはず。しかも地震、津波だ。発信元の気象庁の遅れは気になる。その10分が致命的になることもあるのではないか。

|

« 来年のJRA日程 | トップページ | 一応の推定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来年のJRA日程 | トップページ | 一応の推定 »