« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月18日

年賀状の御礼

2005年1月に嫁の父が亡くなったので、2006年の年明けは喪中。年賀状は当然出さなかった。2年ぶりに年賀状を出すとなると、住所録の記入漏れがあり、本来出すべき方に出さず、先方から届いて、「出していなかった」と気づくケースがあった。普段、メールでやりとりしているので、もはや住所を確認することもなくなっている。こういう時に困る。

といっても、年賀状が届いたのが正月明け(これはたぶん郵便局の遅配ではなく、ましてや先方が遅く年賀状を出したことを非難しているわけでもない)。競馬も既に1週目が始まっており、「これから出すのもなぁ」と、非礼を承知で出さなかった。ということで、出さなかった方にはこの場でお詫び申し上げます。特に動物園シリーズを絶賛して頂いた数名の方、自分も昨年の自信作と思っていたので、嬉しく思いました。

さて、今年頂いたなかで最も印象に残ったというか、その方の人生につい思いを馳せてしまうほどの年賀状が1枚あった。「思うところがあり、来春以降の賀状は遠慮させていただきます。今までのご厚情を厚く御礼申し上げます」とあった。

その方は15年ほど前に知り合って何回かお会いした程度。それでも年賀状でのやりとりだけは続いていた(そういう付き合いの方、皆さんにもいらっしゃるはず)。もちろん、自分にだけ絶交宣言したとかではなく、すべての方に賀状は出さないということ。この15年間どんな人生を歩み、これからどう過ごされるのだろう。転機(還暦)を迎え、考えるところがあったのだろう。good luck と願わずにはいられなかった。

| | コメント (0)

2007年1月13日

新聞の処理

競馬新聞、スポーツ新聞、雑誌などは結構たまってくるので、マメに処分するようにしている。年末にも恒例の大処分を実施した。

前々回でも述べたように、新聞は段ボールなどとともに出す日が決まっている。市の回収日としては、それが1ヶ月に1回。チラシは1ヶ月2回。新聞の方がかさばるし、こちらを1ヶ月に2回にした方がいいのではないか。

ただ、実質的には月に2回あって、市が回収する日と、それとは別に子供会で回収する日がある。これが、ウチの地域ではかなり接近している。たとえば、1月なら、子供会の回収日の翌々日が市の回収日。当然、市の回収日には新聞はほとんど出されていない。前々日に出しているからだ。それでも回収のための車は来る。どの自治体もこんなムダなこと、結構しているんでしょうね。うまく調整して、半月ごとに回収すればお互い、ムダがないのだが。

| | コメント (0)

2007年1月 4日

オープン?クローズ?

道路は総じて空いてはいるものの、ピンポイントで車が溢れているのは正月らしかった。近くに西宮神社があるので、一般道路に参拝客の車が縦列駐車の状態であった。ま、この期間については、警察も大目に見ているようだ。ちなみに、西宮神社は9日から11日まで十日戎(えべっさん))で正月以上に混雑する。

ただ、確か1年前にもとりあげたように、正月といっても、元旦からスーパーは営業しているので、正月用の食料をまとめて買う必要もなくなった。コンビニは当然のこと、スタバやユニクロも開いていた。ユニクロといえば、年末に通販で注文した商品が元旦に宅急便で届いた。また、以前は2日に年賀状の配達はなかったように記憶しているが、近年は2日にも配達されるようになった。ま、民営化を考えれば当然だ。宅急便には休みがないのだから。

昔の正月らしさがなくなっているけれども、上記のように正月でも普段とあまり変わらなくなったのは悪いことではない。消費者にとっては便利なこと。ただ、相も変わらずの正月パターンは新聞業界か。2日は休刊日、また、元旦の新聞には、今年の休刊日の予定がチラシで入っていた。これでは、他の業種を時代遅れとか横並びと批判する資格はない。

昔ならではの年末年始パターンといえば、病院も同様か。病気は年末年始であろうと関係ない。しかし、一斉にと言っていいほど、病院や医院では年末年始の期間、診察していない。実は3日の夕方、長女が急に全身に蕁麻疹が出て痒みもひどくなってきたので、慌てて応急診療所に連れて行った。幸いにも混んでいなかったし、軽症だった。重症でない人間を応急診療所に連れていくべきではないという意見も分かるのだが、まだ病院、医院は診察しておらず、子どもの蕁麻疹では、アナフィラキシーショックとか、素人で判断できない面がある。

このような応急診療所があることには感謝するし、正月に勤務する医者にも大変感謝するのだが、それと同時に、どうして普通の病院・医院が一斉に休んでしまうのかも理解できない。たとえば、ある自治体の中で、同じ科(たとえば、内科、小児科、皮膚科)のうち、半分は正月に診察して、残りの半分は夏のお盆休みも診察するとか、できないものか。医者は激務なので、休養は十分にとって頂いていい。交代で1週間でもそれぞれ休んで頂ければいい。要は、どうして同じ期間に一斉に休むのか、ということ。このあたり、医師会が主導すれば、“フレックス”パターンは可能なのでは?

| | コメント (0)

2007年1月 1日

ミカン箱の処理

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

べつに隠していたわけではないが、1年半ほど前、我が家族が住んでいるマンションの管理人を引き受けた。もちろん、ボランティアでやる気はさらさらない。微々たる額だが、仕事として引き受けている。競馬の仕事はずっとオファーがあるかどうかわからない。いろいろとヘッジする必要がある。

建物や庭のメンテナンスを全般に行うので、これまで知らなかったことが多々あり、結構、おもしろい。隣のマンションの管理人が博識で、その方と知り合いになれたのも良かった。競馬の世界にいると、一般の常識人とはなかなか知り合う機会がないので。一方、反面教師的に、“まあ、何とも非常識な”と感じる行動を人はするものだとも知った。

玄関先の公道によく車を停める住人。それとなく、「みんな迷惑してますよ」とほのめかすと、その時は神妙に聞いているのだが、その後も停めている。不燃ゴミ用のコンテナを出す当番が回ってきてもシカトしている世帯。モップで廊下を掃除した直後に、泥んこのスニーカーで汚しまくる中学生。ひょっとすると、コレを読むかもしれないが、読んで直してほしい。

ま、我が家族にしても、子どもが遅くまで騒ぎ、周りは迷惑しているのかもしれないので、それはお互い様ではある。ただ、年末最後のゴミの日も、「コイツ、アホか」と思うことがあった。燃えるゴミを出す日、段ボールを黒いゴミ袋に入れて出していた。最近はゴミの分別がどの地域でも行われているはず。西宮では段ボールは新聞と同じ日に出すので、段ボールを出す日ではなかった。どうせなら、分からないようにゴミ袋に小さく切るとかすればいいものを、段ボールをゴミ袋に入れてくくらずにそのまま廃棄している。さらに、ミカンの腐った跡が残っていた。非常識人間の面倒を見るのも管理人の業務である。というか、この仕事における唯一のストレスといってもいい(どのように処理したかを書くと、私も非常識人間の一人であることが分かるので、それはパス)。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »