« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日

6/30(土)の注目馬

先週に続き、金曜は雨(夕方から阪神地域では、短時間でまとまって降りました)。ということで、馬場コンディションは微妙(くどいようですが、馬場発表のことではありません)で、ダートのレースからふた鞍。

まずは阪神1R。牝馬限定戦にしては上位候補はまずまずのレベル。ランク上位馬を組み合わせて買うとして、そのなかでもランク4位馬は数値を詰めてきそう。

次に阪神11R。上位馬に加えて買っておきたいのは7位馬。上がりでは1位だし、特に近走は末脚がしっかりしている。阪神のこの距離にも3走前にいい競馬をしている。

| | コメント (0)

2007年6月25日

日曜の御礼とお詫び

昨日の13時、14時頃、多くの方にアクセスして頂き、ありがとうございました。ただ、結局、宝塚記念に関する注目馬をアップしたのは15時近くになってからでした。できればもう少し早い時刻にアップしたかったのですが、昨日、雨が降り続き、その降り方も強くなったり、弱くなったりで、できるだけ様子を見ていた次第です。申し訳ありませんでした。

とはいえ、具体的に馬名を挙げたのは3着に入ったポップロックだったので、どっちつかずというか、中途半端というか、「見ないでよかった」と思われている方も多いかもしれません。

当日の注目馬アップは正午頃までには終えるつもりですが、昨日のような雨になると、レースの1時間前頃にずれこむかもしれません。ご了承ください。

| | コメント (0)

2007年6月23日

6/24(日)の注目馬・追加

土曜午後6時の天気予報を見ると、日曜の阪神競馬場は午後3時から雨とか。ま、この予報通りなら、宝塚記念には大きな影響はないでしょう(ただ、コメントはレースが近づいてからアップするつもりです)。

その前に阪神日曜9R ここは順当にランク上位4頭を上位視。なかでも4位馬は、「先週の結果分析」でも、前走時に狙い馬としてとりあげた。休み明け2走目、距離延長(特に1600mは血統面でもベスト)。この馬から、ランク上位馬へ。
     --------------------------------------
予想以上に早く雨が降り出して阪神はかなりの道悪(馬場発表は無視)。そもそも宝塚記念はランクを見ても混戦で、上位10ポイント内に13頭がひしめきあっている。前述のような馬場コンディションを踏まえると、道悪を苦にせず、コース適性もあるポップロックも注目。

| | コメント (0)

2007年6月22日

6/23(土)の注目馬

関西エリア以外で阪神開催の馬券を購入される方も多いと思うので、とりあえずは金曜の阪神地域の天候を把握してください。金曜は朝から夕方まで雨。特に正午からの数時間は激しく降りました。このあと回復しても、少なくとも土曜午前中、特にダートでは雨の影響は残るでしょう(馬場発表どうこうではなく)。

ということで、ひとまず馬場コンディションをある程度読める午前中のふた鞍から。
阪神1R ランク断然上位というわけではないが、4位、5位にも注意。4位馬は前走、直線で詰め寄って良化の兆し。5位馬は前走、1角で大きな不利。
阪神2R どんぐりの背比べ。テイエムリズムは今回が初めてのダートで、ランク外ということになるが、この血統ならダートで変わっておかしくない。ランク上位馬とともに注目。これはデータとは関係のない見解ですが、“テイエム”の馬はこんな混戦に強い!?

| | コメント (0)

2007年6月17日

6/17(日)の注目馬

阪神12R ランク上位馬のなかで2位馬が朝9時40分のオッズを見ても断然の人気。もちろん、この馬も圏内として、妙味があるのは1位と3位馬。これら2頭は必ず絡めて買ってみたい。
重賞の阪神11Rは“豆券”で買うつもりだが、上位馬のなかで4位馬の人気が低い(そもそも人気先行のタイプでもないが)。この産駒、確かに阪神芝では勝率が低いが、馬券の圏内にはそこそこ入っている。

| | コメント (0)

2007年6月16日

6/16(土)の注目馬

阪神7R ランク1位ヴァイスハイト、それに3位馬を軸の3連複を買ってみたい。
函館11R ランク2位ラッシュライフが函館の相性で上位。ただ、5位馬の末脚にも警戒。
福島11R ランク4位馬が小回り1800mでうまく立ち回りそう。

| | コメント (0)

2007年6月13日

タラップの昇降

ドイツでサミットが行われていた。と珍しく政治の話題かと思われるかもしれないが、そうではない。首脳が海外へ出かける際、空港で政府専用機に乗るところが放映される。帰国する際もだ。あのシーンが今回のテーマ。

政府専用機への昇降は、通常、我々が乗るように空港の建物に飛行機が横付けされるのではなく、タラップを使う。以前から思っていたのだが、あのタラップを利用する際の首脳は、特に誰がというのではなく、カッコ悪いと思いませんか?

おそらく階段の一段一段が高いからか、転ばないように外股になる。現首相は奥さんも一緒なので、二人揃ってそうなる。お手々をつないで仲良く見せるのはいいが、カッコ悪い。(政治家としては)若さとか洗練さとかがウリなだけに、よけいにそのイメージとのギャップを感じる。やはり、世間のイメージはイメージでしかなかったのだと、そのようなふとした瞬間に現実を見てしまう気がするのだ。

断っておくが、私は応援しているのでも批判しているのでもない。ただ、イメージ戦略が政治でも重要とされているだけに、スタッフが気をまわせばいいのにと思う。

| | コメント (0)

2007年6月10日

6/10(日)の注目馬

早朝時点で、信頼度の高いランク1位馬をひとまず挙げておきます。当分、西の開催主体です。なお、直前になって追加するかもしれませんし、結局、追加しないかもしれません(特に本日は馬場コンディションを見て)。

中京2Rの1位馬 前走は勝ち馬が一変、強すぎた。時計のかかってきたコンディションも向く。
中京12Rの1位馬 前走でこの条件に適性を示した。
ともに人気でしょうが、軸としての信頼度は高いとみています。案外、ヒモは荒れるのでは。 

| | コメント (0)

2007年6月 9日

6/9(土)の注目馬

いずれも中京開催から。
2R 順当にランク1位馬を支持。内枠からすんなりと主導権を握る。
7R 無料情報でも掲載したレース。ランク1、2位馬の信頼度は高い。ただ、上位馬以外で注目したい馬はスイングロウ。ベストの距離で巻き返す。ただし、道悪馬場のため、少額。
11R ランク1位馬から手広く。脚抜きのいいダートは上手だし、騎手もこのコースは得意。

| | コメント (0)

2007年6月 7日

野球中継

このところ早寝早起きで、持病の頭痛もあまり起きなくなった。ま、できそうで、なかなかできないこと、シンプルだけれども、なかなかできないことに健康の秘訣はあるのだろう。

朝、仕事をしつつも、メジャーリーグの中継をつい見てしまう。NHK-BSはコマーシャルがないし、がなり立てずに実況してくれるのもいい。試合の最後まで放映してくれるのもいい。途中で数分間のニュースが入るのも、あれはあれでいい。日本のプロ野球の中継について視聴率が低い(特にジャイアンツ?)ことが報道される。しかし、それはチームの調子とか、選手の質よりも、放映スタイルに問題があるのではないか。やたらうるさいアナウンサーと解説者。もっと問題なのは、時間がくれば途中で放映を打ち切ることだ。地上波でなければ、最後まで見ることが可能なのだから、ファンはそっちを見るでしょう。ま、局もそうしてほしいと思っているのかも。

関西の局にしても、あれほど阪神に肩入れしながら、あっさり打ち切る。キー局との兼ね合いだろうが、サンテレビはエライ。阪神の試合を最初から最後まで放映するし、試合のない日は昔の阪神の試合まで放映している。昔は弱かったと、つい数分見てしまうことがある(見るなよ!)。自分はどこのファンでもないが、「途中で打ち切るぐらいやったら、サンテレビに放映させたれよ!」と思う。関西エリアの阪神ファンもそう思っているだろう。阪神ファンは企画物よりも、試合をきっちり見たいはずだ。阪神が低迷している期間もサンテレビはずっと放映してきた。阪神はサンテレビに恩返しを続けるべき。一時、関連会社の朝日放送が、9時で中継をすれば、そのあとリレー的にサンテレビがやっていた。あれでもファンは大喜びだろう(他の地域の方はすいません)。さらに、複数の局で同じ日に放映したりするのもよくわからん。先日、サンテレビと読売テレビとNHK-BSの3つでやっていた。BSは関西だけに放映しているのではないのでいいとしても、サンと読売は日をずらせばいい。だいたい、読売テレビがジャイアンツよりもタイガース優先で放映するというのは、ちょっと気持ちが悪い(再度、断っておきますが、自分はどちらのファンでもない)。ま、もっと落ち着かないのは、ヤンキースタジアムの外野フェンスにある「読売新聞」という漢字の看板広告だ。あれを見て居心地の悪さを感じるのは、自分だけだろうか。(ゴジラもか?)

メジャーリーグの中継から話は逸れてしまった。ただ、BSの中継でちょっと困るのは録画で放映する時。東部地域のナイターは日本の朝8時頃から始まるので、放映もそれに合わせている。しかし、週末はデーゲームになるのが基本のようで、生中継だと日本では夜中になるからか、特に今年は録画で朝に放映されることが多い。同時間に二つのカードが重なったために録画でというのならわかるが、デーゲームの録画はすでにネットで結末を知ってしまうことがある。録画の場合は事前になるべく結果がわからないようにしているが、つい習慣で、起床してすぐにネットを見てしまう。また録画であるとか、デイゲームであることを知らずに、ネットを見てしまう(ま、そこまでして野球中継を見なくてもいいのだが)。ファンは夜中に生中継でも見るし、早寝早起きでリアルタイムでは見られなくてもこちらで勝手に録画しておくものだ(結局、同じか?)。

| | コメント (1)

2007年6月 2日

レースコメント始めます

これまでGIレースでは、有料情報のランク表の下にコメントを付けていました。注目度が高いレースだからですが、各開催日でGIが必ずしも自信のレースではありません。ランクとリンクして推奨する馬を何からの形でお伝えできればと思い、試験的にブログでアップしていくことにしました(ランクとリンクしないことも時折あるかも)。

ランク表に付記できれば、最も見やすいのかもしれませんが、ランク表自体はレース前日の枠順発表後、なるべく早くアップしたいし、コメントはじっくり考えてからアップしたいので、当座はブログでアップしていくことにします。ということで、何時頃アップするとかは決められません。一応、レース当日の昼頃までを目標としますが、確約はできません。また、すべての開催日で挙げるかどうかもわかりません。繰り返しますが、ともかく試験段階です。そんな事情もあり、ブログで気楽にやってみます(気楽といっても、いい加減な推奨ということではありません)。ご関心ある方は時々のぞいてください。

で、日曜(6/3)からは、中京5Rのランク1位馬。休み明けの前走でも直線よく詰め寄っていたし、土曜日の芝コースを見る限り、差しのききやすい馬場。芝短距離への適性は高いし、強敵もいないので、中心。人気薄がとびこんでくる可能性もあり、手広く流す。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »