« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日

7/29(日)の注目馬

小倉10R ランク上位4頭は1ポイント差ということで、少なくともランク面では混戦。4位のソリッドプラチナムも差はない。差し切れる、勝てるとは言わないが、前走は直線に坂のある阪神でも3着に突っ込んできた。平坦が得意の産駒、得意の季節でもあり、馬券の圏内という意味では楽しみ。馬券の妙味もある。
小倉12R ランク1位のリッカバクシンオ。詰めは甘いが、1200mなら圏内。
新潟12R ランク1位のフルヴィクトリー。こちらも詰めは甘いが、堅実。

| | コメント (0)

2007年7月28日

7/28(土)の注目馬

両レースとも、明らかに人気になる馬ですが・・
小倉5R パープルアカデミーは前走が初ダートで高い指数。いったん先頭に立った走りから、小回りにも対応可能とみる。
小倉7R マヤノバルトークは距離短縮で軸馬に指名。2走前が実質、ハナに立っているようなものだったから、ここは積極策で押し切るか。

| | コメント (0)

2007年7月22日

7/22(日)の注目馬

函館9R ランク上位のサクラメガワンダー、シルクネクサスはもちろん圏内として、深夜のオッズを見る限り、妙味のあるのは4位のメイショウオウテ。ベストの距離に延びる分の上積みも見込める。
小倉8R(無料情報でも掲載) 16日(月・祝)の代替開催で注目馬として詳述したグッドフロマージュが連闘で出走してきた。本質的には直線の長いコースの方がいいが、この連闘は序盤の反応が鋭くなりそうで(あくまでも推測ですが)、プラスに出そう。メンバーを見ても今回の方がレベルダウン。なお、「先週の結果分析」で危険馬としていたマルタカタキオンも同レースに出走。このメンバーなら、馬連、3連複を買う場合には抑えざるをえない。

| | コメント (0)

2007年7月21日

7/21(土)の注目馬

小倉8R ランク1位のウインバーディクト、2位のオープンセサミ。ポイントとしてはかなりの僅差。どちらを軸にしてもいいぐらいだが、ここは2走目の一変を見込んでオープンセサミ。できれば、もうちょっと長めの距離の方がいいが、小倉芝には一層向く産駒だし、昨年も7月の2走目で一変した。あと、下位ながらアヴェンティーノ。前走は力負けではない。

| | コメント (0)

2007年7月16日

7/16(月)の注目馬

日曜日に無料情報でとりあげたレースから注目馬を選んだら、3頭とも1着。ここはゲンをかついでというわけでもないが、本日の小倉・代替開催も無料情報でとりあげた12Rに触れてみたい。

このレースを無料情報で紹介し、こちらでも触れるのは、私の指数の活用法を述べておきたいという気持ちもあった。ランク1位は1番のグッドフロマージュで断トツ。2位のスマートギルドに9ポイント差をつけている。2走前は直線一気の差し切り。前走は離れた3着とはいえ、先着2頭が強すぎた。しかも、この馬は外、外を回って、追走に脚を使いながら、直線もバテてはいない。ちなみに、当時2着のフサイチレオンは日曜新潟12Rで逃げ切った。

となれば、文句なしの中心、となるところだが、この馬について気になるのは、阪神や新潟といった広いコースで良績があり、小回りコースではそれほどの信頼感はない、ということ(ま、ダートコースの直線だけの比較なら、広い、小回りといっても、5、60mほどの差なんですけどね)。さらに出遅れることもあるので、小回りでは不安だ。(重複するが、ここ2走の指数についても、このメンバーなら優秀とはいえ、阪神、新潟でマークしたもの)。

そこで他のランク上位馬に目をむけると、2位スマートギルドは長期休養明けを使われての2走目、距離に不安はあるものの、上積みがあるかもしれない。さらに3位のニホンピロファイブ。前走は芝だったので度外視できる。小倉ダート1700mでは2着が2回と相性が良い。これら2走を含めて、4走前から2走前までのダート1700mはいずれも指数が8。安定しているともいえるし、このあたりが現状のマックスの数値なのかなとも考えられる。あと人気になりそうな馬はスーサンライダー。スマートギルドと同じく、距離に不安はあるものの、2歳時にこの小倉ダートの1000m戦で1着。久しぶりのダートで強い競馬をする可能性はある。

結局、どの馬やねん!と突っ込まれるかもしれないが、このような場合、自分が最終的に判断の重要な基準にするのは、極めて簡単、オッズです。ランクも踏まえつつ、配当のいい馬を軸にするということ。コース適性に不安はあるものの、グッドフロマージュに妙味がありそうなら(高くても3番人気ぐらいか)、この馬から買ってみる。ただし、かりにこちらの予想以上に人気になるのなら、このレースは見送るか、他の上位馬に変更する(たとえば、スマートギルドから)。妙味のない馬に投資する気はない。馬券の買い方としては、差し届かない可能性も踏まえて3連複が中心。つまり3着以内に入ればOKということで(昨日、同様の表現をしたトーセントゥルーは勝ちましたが)。

| | コメント (0)

2007年7月15日

7/15(日)の注目馬

台風がどれほど各場の馬場に影響を及ぼすか、深夜時点ではわかりかねるのだが、ひとまず、無料情報でもアップした3鞍を。

函館6R 休み明けでもランク1位トーセントゥルーが指数でもレース内容でも上位。むしろ、休み明けゆえに断然の人気とならないのなら、買い時。ただ、ブライアンズタイム産駒、函館の芝で勝ち切るパターンが少ない。3着以内でOKという感じで買う。
新潟12R ランク1位のフサイチレオン。ここ2走で見せたスピードで主導権を握る。
小倉5R 小倉のダートは脚抜きのいいコンディションだろう。ランク1位トーホウアタックは望むところか。

| | コメント (0)

2007年7月14日

土曜の小倉競馬中止

JRAホームページによると、本日、14日(土)の小倉開催は中止になり、16(月・祝)に代替で開催されます。出馬投票はやり直さずに施行されるので、枠順、出走メンバーは原則として変わりません(取り消しは別)。したがって、当サイトの有料情報も、月曜開催へ向けて新たにアップしません。

| | コメント (0)

2007年7月13日

7/14(土)の注目馬

本州の2場は雨の影響を受けそうなので(開催されたとしても)、函館から。
函館9R(9Rがメーンです、念のため) ランク1位から4位までが同じ指数で並んでいる。そのなかでも2位サララに注目。過去のレースパターンを見ると、休み明け3走目は変わり身を見せている。

| | コメント (0)

2007年7月11日

My Favorite Things

といっても、私の好みを今になってお伝えしようと思っているのではもちろんない。まさに曲のタイトルだ。

高校時代、和歌山県田辺市に住んでいた。当時、ジャズを聴くようになって、同じジャズ好きの友人と、近隣の白浜市でそこそこ有名なジャズ喫茶に初めて行こうということになった。田辺から白浜へはJRでもバスでも行けるし、自転車でも30分ほど。綺麗な海沿いを時々自転車で遊びに行ったものである。

しかし、初ジャズ喫茶へはなぜか船に乗った。といってもフェリー級の大きな船ではない。渡し船のような小さなもので、車はダメ、人と自転車しか乗船できない。それに乗って白浜に着きジャズ喫茶へ。真夏で、汗だくになってその店に入ると、圧倒的音量でコルトレーンのMy Favorite Thingsがかかっていた。

それ以来、夏になると、よくMy Favorite Thingsをよく聴く。あの時、他のプレイヤーのアルバムがかかっていたなら(当時、CDは存在せず、LPだった)、ここまでMy Favorite Thingsを聴くことはなかったのだろうが、このアルバムだったから、仕方がない。自分にとって夏のCDはMy Favorite Thingsになってしまった(今はCDで聴く)。3曲目にSummertimeが収録されていることとは、因果関係はない。

ちなみに、コルトレーンは日本語では、「肩凝不治」と表記するようだ。コリがとれない?

| | コメント (2)

2007年7月 8日

7/8(日)の注目馬

阪神3R 8枠15番ディマクコンダはダート未経験なので、ランク外ということになるが、前走値なら2位。バチアー産駒だけに、ダート1200mはプラス。前走でスピードがあることもわかった。
阪神12R ランク1位のサンタドレスを順当に支持。

| | コメント (0)

2007年7月 7日

7/7(土)の注目馬

まずはお知らせ。すでにアットペイの「販売について」、「購入について」のページでも告知されているように、このアットペイ(@pay)自体のサービスが9月20日で終了となります。これは、私個人がどうこうできる問題ではないので、当サイトの有料情報をどう継続していくかは、現在、検討中です。最低限、ブランクの生じないよう、継続していきます。

阪神11R。ランク上位馬のなかでも注目しているのはドラゴンウェルズ(ブルーメンブラットが取り消したので、繰り上がって4位、前走値も繰り上がって2位)。昨秋、前走と、東京で勝っているが、そもそも阪神は得意。距離もベスト。

| | コメント (0)

2007年7月 1日

7/1(日)の注目馬

函館12R ランク上位馬のなかでも2位のサララは前走で強敵相手に僅差の2着(前走値なら1位)。ここも好走可能。ただ、馬体重の変動がある馬なので、できれば馬体重もご参考に。
福島10R ランク上位馬が実績でも上位。そのうち、福島芝1200mへの適性でダンディーズケア。
福島11R ランク1位のクランエンブレム。1位というだけでなく、とくに前走値は他馬を離している。
阪神10R おもしろいのはランク3位馬。ダート1400mがやはりベストと前走で再認識。鞍上も考慮して。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »