« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月25日

マッサージ

といってもヘンな方のマッサージではなく、きちんとした(という言い方もヘンだが)マッサージのこと。

これまた下ネタということではなく、女性にソフトに揉んでほしいこともあれば、男性にガッツリ、ゴリゴリやってほしいこともある。あまり、女性に、とか、男性に、とか、リクエストしないけれど、実際に担当するのが、その時のこちらの希望に合っていると安心する。でも、女性でよかったと思っていたら、思いっきりゴリゴリやられることもあるが。

足裏マッサージに最初に行った際にはある意味、感激した。いくら仕事とはいえ、若い女性がこんなオッサンの足の裏を素手でマッサージするのだから、驚いた。結構、女性のお客さんも多い。1時間ほどゆっくりできるし、昼間、仕事の途中でちょっと休みたいような場合、結構いい場所かもしれない。

ま、気になるところに手を当てる、当ててもらうというのが、おそらく手当てという言葉のそもそもの意味のはず。手を当ててもらって気持ちがいいのは自然な感覚なのだろう。

| | コメント (0)

2008年1月23日

負の連鎖?

22日・火曜日、「先週の結果分析」収録が終わり、西宮に戻る途中のこと。新幹線が名古屋の少し手前でスローダウンし、止まってしまった。もちろん、本来、停車する地点ではない。この種のアクシデントがあった場合、何が起きたかの説明(車内放送)があまりないという批判をよく聞くが、昨日については、詳細に放送されていた。ま、こういう危機管理もそれなりに進歩しているのだろう。

前の列車に異常を知らせる信号が出たとかで、点検をするため、止まっているとのこと。30分ほどは停車していた。何とか動き出し、やれやれと思ったが、そもそも昨日は疲れていたし、荷物も重かったし、新大阪に着くと雨が降っていたので、西宮までタクシーに乗ることにした。

乗車して、「西宮まで」というと、だいたいどのあたりのルートで行くかをドライバーと決め、あとはのんびりしているのだが、昨日は意思の疎通がうまくいかなかった(あとで思えば)。ここからは関西在住の方しか分かっていただけないかもしれないが、そのドライバーは“新御堂”に乗り、淀川を超えてしまったのだ。こちらも不安になり、「どこ、行くんですか」と聞くと、梅田を超え、土佐堀まで行くという。行き先を間違えているのかと思い、「西宮ですよ」と言うのだが、聞き間違っていない。何やかやで再び淀川を渡ったあたりで、ご本人は勘違いしていたことに気づいたようだ。ま、悪質なドライバーではなく、自宅に着いて料金は値引き。それにしても、連鎖日ではあった。これからいいことがあるだろう。

| | コメント (0)

2008年1月11日

月本裕さんのこと

9日に亡くなられた月本裕さんのことをずっと考えている。

月本さんは自分と同じ1960年生まれ、まだ47歳だった。30代前半は月本さんの奥様もまじえて、こちらが東京へ行く際も、ご夫婦で関西へ来られた際もよく会っていた。同年代だけに分かり合えることが多かった一方、博学の月本さんがずっと年上に見えることもあれば、酔っぱらった際にはやんちゃ坊主のように思えることもあった。

競馬の仕事から遠ざかられてあまり会わなくなったが、昨年末、「レーシングポスト」というタブロイド版の新聞(新聞とはいえ、月刊)の編集を月本さんが担当されることになり、原稿を依頼して頂いた。2号以降の連載企画も喜んで引き受けた。そろそろ3号の仕事の段取りについて伺おうと思っていた矢先の訃報だった。ご冥福をお祈り申し上げます。

首都圏のローソンでは、レーシングポスト2号が10日に発売されているはずです。月本さんのこれまでの著作、ブログに関心をもたれていた方には是非、読んで頂ければと思う。

| | コメント (0)

2008年1月 4日

お知らせ

keiba@niftyのモバイル版をご覧になる方も多くなってきたようですし、こちらでは当分、予想のアップは控えます(モバイル版とダブってしまいますので)。

ただ、ブログならではの予想関連情報も考えてはいますし、モバイル版や、自分が買い目を出している馬券総合倶楽部(ニフティではありませんが)と、うまく使い分けができるようになれば、また、こちらでも再開したいと考えています。雑文は時々アップしたいとは思っています。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2008年1月 1日

あけましておめでとうございます

2008年もどうかよろしくお願いします。

昨年はアットペイ終了に伴い、URLが変わりましたが、大きな問題もなく、移行できました。以前はニフティというデパートの地下に店舗を借り、販売していたのが、デパート内の敷地に入ったような感じです。今年はランクを引き続き重視しつつも、妙味も一層追求していきたいと考えています。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »