« ダービーデイ | トップページ | コケたー! »

2008年6月12日

騙されたー!

本日は午前中に梅田で用事を済ませ、午後の約束まで、数時間の空白。こんな時は映画だ。邦画を観たい気分だったので、「ザ・マジックアワー」と「アフタースクール」が最終選考?に残り、「アフタースクール」に決定した。「アフタースクール」の方が先に封切られているし、その分、終了日も早いはず。また、「ザ・マジックアワー」は向こう数ヶ月、どこかの劇場でやっているだろうから、先に観ておくべきは「アフタースクール」と判断した。それに先週の「先週の結果分析」(←ヤヤコシイ)のオープニングで、「アフタースクール」の監督、内田けんじの「運命じゃない人」に言及した経緯もあり、責任上?観ておくべきであろうと思った次第。

午後の約束が難波方面だったので、難波で「アフタースクール」が封切られている劇場を探し、なんばパークスの中にあるなんばパークスシネマに行った。それにしてもこの界隈は長い期間、来ないうちにずいぶん変わった。20代前半は堺に住んでいたので、当時は南海電車を利用し、毎日のように難波に出ていたわけだが、激変だ。大阪球場の跡地がこのようになるとは、ノムさんもビックリだろう。

それはそうと、「アフタースクール」はおもしろかった。「騙される快感」が様々な映画評論で強調されている映画なので、“どこで騙されるんやろ”と身構えながら観ていてもやはり騙された。あまりそこに触れるとルール違反なので書きませんが、「運命じゃない人」の監督の作品だからと、みんなトリッキーさを求めるわけで、そのうえで仕掛けるというのは、なかなかプレッシャーがあったのではないかと推測する。(「運命じゃない人」はレンタルショップですでに出ているはずです)。

|

« ダービーデイ | トップページ | コケたー! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。