« 売却、アウディ・A4 | トップページ | 運が良いのか、悪いのか »

2010年10月 8日

慣れが肝要

(前回から続く)アウディA4を売却することにし、中古車を扱っている会社の買い取り価格を複数、比べることができるというサイトで、こちらの情報を入力してみた。売ることは決めたので(つまり冷やかしではないので)、自分の情報を入力することにためらいはない。ただ、ここからが自分のイメージと違った。車の年式、色などを入力し、住所、氏名も入れれば、複数の会社の価格が、ズラッと一覧で表示されるものと思っていた。そこから、交渉先を絞っていこうと考えていたのである。

ところがそうではなく、画面が替わって、「各会社から連絡があります」と出た。“そういうことか。ま、それもそうか。実際に車を見ないと、価格はわからないか”と思っていたら、数分後から電話が鳴り始めた。年式は古いが、何だかんだいっても、アウディだし、走行距離が少ないことで、興味をもった会社が多かったようだ。電話を切るとまた鳴ってと、1時間ほど、応対にかかりっきり。しかし、こちらも応対に慣れてきた。電話の応対者と査定にくる係とが異なることはよくわかっているが、強引、ため口をきく、スケジュール面で都合を押しつける、といった会社はダメ。数社に絞り込み、翌週に査定に来てもらうことになった(今後、この種のネット無料サービスを利用される方にアドバイスをするとすれば、携帯電話で登録しておいた方がいいと思います。面倒になった際に、着信拒否したり、放っておいたりするには、固定電話より、携帯の方が何かと融通がきくので)。

そして翌週。査定の段階でも、相手の出方に慣れてくる。やはり、交渉は慣れが必要。まあ、相手が提示する価格はさほど変わらない。ここでも押しつけがましいタイプはお引き取り願い、決定。9月末に売却した。

税金の申告の際、売却により得た収入?を申告する必要があるのかと気になり、税務署に確認したところ、「購入金額より下回っていれば、申告の必要はありません」とのこと。減価償却も、ちょうど9月で、耐用年数を終えた。この点でも、売却時期だったのかもしれない。

売ったら売ったで、“置いておけばよかった”、と後悔するかなと予想していたが、そんなことはなかった。やはり、手放す時期だったのだろう。ま、再びどうしても車が欲しいと思ったら、今度はメルセデスでも考えましょうか。ただし、中古で。

|

« 売却、アウディ・A4 | トップページ | 運が良いのか、悪いのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。