« 月曜阪神は無料情報ページにて | トップページ | 楽天対オリックス »

2011年4月 5日

珍しく競馬のこと

「馬券総合倶楽部」において、2月まで毎週担当していた、先週の開催を振り返るコラムが終わり、近々、同じ趣向のコラムを某所で始める予定です。ただ、今は、“はざま”の空白期間。ノルマで、必ずやらないといけないとなれば、苦痛なのだが、義務でないとなれば、それはそれで指摘したくなることもあるもので、軽いノリで以下に。

阪神、小倉の変則日程が続いて、美浦にいる関東馬は必ず、直前輸送となる。変則3週目となった先週は、連対率が下がってきた。このあと、連続しての輸送となると、一層、厳しくなるか。

小倉芝は、ローラーの効果が大きく、時計はかかってこない。基本的に、前目にいる馬が優位なのだが、先週の芝1200mでは、逃げ切った馬は1頭もいない(2着はある)。もちろん、今回どんな位置になるかはゲートが開いてみないとわからない。ということで、前走の位置どりを見ても、逃げる競馬をした馬の勝利はなく、前走2番手で進めた馬が優位。ただ、芝中距離(1800m~2000m)では、逃げ切りが2頭いたので、短距離と中距離でも様相が異なる。

といった、振り返りのコラムを、もうしばらくすると、始めます。

|

« 月曜阪神は無料情報ページにて | トップページ | 楽天対オリックス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。